押出形材から加工品まで、小ロット・短納期で一貫生産するアルミ工場 株式会社UACJ押出加工群馬

株式会社UACJ押出加工群馬
HOME
会社情報
製品紹介
高品位押出
総合加工
技術ノウハウ
生産システム
お問い合せ
リンク
サイトマップ
UACJグループ個人情報保護方針
UACJグループにおける個人情報等の取扱い
UACJ押出加工群馬の特定個人情報の取扱い

「技術ノウハウ」プロフェッショナル集団としての豊富なノウハウを基に総合的な技術サポートを行います。

UACJ押出加工群馬では、豊富な製造実績に基づき、お客様の最終製品に必要とされる寸法形状、強度、表面処理性に基づいた、最適な材料の選定から、加工、仕上げに至る迄、総合的な技術サポートを行っています。

形材断面


合金の種類

すぐれた合金成分は、UACJの伝統と技術開発によるノウハウを受けて生み出されます。
UACJ押出加工群馬は、お客様に最適な材料選定を行い、確かな製品をお届けしています。

合金名
特 長
押出性 耐食性 加工性
6063  代表的な押出用合金
6N01  63、61の中間強度の押出用合金
6061  中強度の構造用熱処理型合金
3003  Al-Mn系合金。1050より強度強い
1050  純アルミ系合金。耐食性に優れる


ダイクエンチ

構造用合金の6061では、押出の直後に充分な水冷が施される水冷装置を用いて、強度を得るようにしています。
ダイクエンチイラスト
ダイクエンチ写真


ダイス管理技術

蓄積されたダイス設計ノウハウに基づき、ご注文の形状をCADデータ化し、要求品質や寸法精度に素早く対応を図れるように管理しています。
また、現場と設計が一体となり、お客様に高品質な製品を提案できるダイスづくりを目指し、取り組んでいます。
ダイスCAD画面 ダイス管理写真


表面処理

押出製品の多くでは、意匠性や耐食性の向上を計るため、アルマイト処理や塗装などの表面処理が施されます。
アルマイトには、アルマイト皮膜を形成しただけの『封孔品』、アルマイト皮膜をさらに電気分解して着色した『封孔カラー品』、 アルマイト皮膜に電着塗装を施した『電着品』、アルマイト皮膜に着色の後、電着塗装を施した『電着カラー品』があります。

表面処理「封孔品」 表面処理「封孔カラー品」 表面処理「電着品」 表面処理「電着カラー品」


アルマイト 製品加工後にアルマイトを行う『後アルマイト』では、加工前アルマイトでは処理できない、断面までの処理ができるため、意匠性・耐食性がさらに向上します。 アクリル塗装 アクリル塗装などの各種塗装処理も取り扱っています。

※アルマイト及び塗装については協力工場にて処理




▲ページトップへ戻る
copyright(c) 2007 - UACJ Extrusion Gunma Corporation